ワキガの人は服は1シーズンで使い捨てる覚悟で!

ワキガ衣服臭い

ワキガの人ならわかると思うのですが、「なんか今日はやたらワキガの臭いがするんだけど…」という日があったりしないでしょうか?

私はありました。

真夏の暑い日で脇汗をたくさんかいたにも関わらずワキガ臭がほとんどしない日もあれば、脇汗を全然かいていなくて、デオドラントもしっかり塗っていたのに、「なんか今日はワキガ臭がすごい…」と自分でもショックに感じてしまう日がありました。

だから昔は、この違いっていったいなんなんだろうなってずっと考えていました。

色々な本を読んだり、インターネットで情報収集をしているときにやっと知ることができたのですが、実はそれは「服」に問題があったのです。

ワキガの人は、自分の衣服にもワキガ臭がついてしまうという事は、経験上わかっているじゃないですか?

でもしっかりと洗濯すれば、その日に衣服についてしまったワキガの汗も衣服からすっかり取れて、衣服は脇汗をかく前の綺麗な状態に戻ると思っていたものです。

でも、実は違ったのです。

ワキガの人の脇汗って、実は洗濯してもその臭い菌は取りきれないのです!しかも、ワキガの臭いが強い人ほどこれは言えます。

昔の私もそうだったのです。洗剤はもちろん、柔軟剤も入れてしっかりと衣服を洗濯し、天日干しをして綺麗にしても実はワキガのニオイ菌がその衣服には残っているんですよね。

「バクテリア」なんて言われたりもしています。

ちなみに、洗濯機にもワキガの人のワキガ菌って住みついているとも言われています。でもこれは、あまり実感はないんですけどね。だって、私と洗濯機を共有している家族の衣服からは、ワキガのニオイなんてしませんでしたから。

詳しいことは分からなくても良いと思うのですが、とにかくワキガの人の衣服って、しっかりと洗濯してもバクテリアと呼ばれるワキガ菌が衣服に残るということなんです。

そしてその衣服をまた違う日に着ますよね?

脇汗をかいた瞬間に衣服の繊維の中に潜んでいたバクテリアがじわじわと活動を再開し、そしてまたあの独特のワキガのニオイを放つ原因になるという事なんですね。

この説明には、確かに納得がいきました。

なぜなら、言われてみれば、「なんか今日はすごい臭うな…」という日は、3年ほど使い古したお気に入りの衣服を着ている時が多かったですし、なんとなく臭いがこもりそうなピタッとした衣服だったのです。

なので、そのことがわかってからは私は衣服は1シーズンで使い捨てるようにしています。

もちろん、コートのようなものは使い捨てる必要はないのですが、インナーやワイシャツなどは1年経ったら捨てるようにしています。

そのおかげで、「どうせすぐに捨てることになるからねー」なんて思考になって、あんまり無駄な高い買い物もしなくなりましたから、それはそれで良かったかもしれません(笑)

ワキガの人は、こまめにシャワーを浴びたり、ボディーペーパーで汗をふいたり、デオドラントを塗ったりと、どれだけ毎日丁寧にワキガケアをしていても、結局は衣服にワキガ菌が住み着いてしまうと、その衣服を着た状態で脇汗をかいてしまったら臭ってしまうんです。

だから、それを予防するためにできる対策としては、極力衣服にワキガ菌が住み着かないようにこまめに洗濯もするという事と、洗濯機で選択をする前に、その衣服だけを手洗いでゴシゴシと洗ってから洗濯機に投入するという事です。

そして、2年も3年もその衣服を着続けないということですね。

その日にかいた脇汗から発生するワキガ臭よりも、2年や3年着こんだ衣服から放たれるワキガ臭の方が圧倒的に強烈で、少ししか脇汗をかいていないのにものすごい臭いがした経験がある方もいるのではないでしょうか?

そういった場合は、たいていの場合は衣服に原因があります。

その衣服が、使い古したものでないかをチェックするようにしてください。

そしてそうなった状態ですと、もういくらその衣服を丁寧に洗濯をしたって無駄ですから、潔く捨ててしまうことにしましょう。

ワキガの人は服は1シーズンで使い捨てる覚悟で!

元からこういう風に考えておくと、ストレスをためずに毎日生活していけそうですね。

コメントを残す