Tシャツの胸元が臭いのはチチガの証拠です。

Tシャツ胸元臭い

「Tシャツがなんだか臭い、しかもTシャツの胸元が臭い、なんだろう?」という方、それはチチガです。

チチガというのはワキガ(わきが)の臭いが乳首の周りからしてくる病気です。

胸元が臭いというのが決定的な証拠で、その臭いのもとは乳首の周りに埋まっているアポクリン汗腺からの液体で、アポクリン汗腺から出た液体には脂肪分やたんぱく質が含まれているのですが、それらの物質が皮膚にある最近に分解されて、強烈な臭いを放つのです。

この腐敗臭が乳首から出るのがチチガで、その臭いの汗がTシャツに染みつくのです。

ワキガの場合はTシャツの腋の部分に黄ばみもできる傾向にありますが、チチガでは黄ばみまではできないようです。

私の場合は幸いにもチチガではなかったので、Tシャツの胸の部分には臭いがつくことはなかったのですが、その反面腋のぶぶんはがっつりと臭くなっていました(>_<)

ワキガの人の中に一定数チチガの人はいるのですが、「まさか胸からワキガのニオイがしてくるとは思わなかった」と、チチガになって多くの人は口をそろえるものです。

チチガもワキガの治療法と一緒で、基本的には手術をせずにデオドラントクリームで臭い対策をします。

チチガの対策方法に関しては以下の記事で紹介しているのでご覧ください。

チチガの手術は必要?※デオドラントで治った人もいます>>

コメントを残す