わきがの原因はアポクリン汗腺と皮膚雑菌のミックスです。

わきが原因

ここではわかりやすく、わきがになる原因を簡単にご説明します。

人の体の皮膚から汗が出る汗腺には2種類あり、1つが「エクリン汗腺」、もう1つが「アポクリン汗腺」という汗腺です。

エクリン汗腺から出る汗はほぼ無臭と言われていて、そのほとんどが水分です。

一方のアポクリン汗腺からでる汗が、水分の他に臭いを発生させる成分を含んでいて、これが私達のわきがの原因になっているのです。

つまり、まず1人目の私達の敵はアポクリン汗腺なのです。

そもそもアポクリン汗腺はニオイを作ることが目的に存在している汗腺で、遥か昔の人たちが“自分と似た人を避け、自分と異なる遺伝子を持つ人と結ばれるために”発達してきた汗腺だといわれています。

種の多様性のために、自分と異なるニオイの異性を見つけるためのフェロモンのような役割を果たしてきたそうです。

ですからどんな人にもアポクリン汗腺は存在しているのですが、わきがの人たちはこのアポクリン汗腺の量が多いといわれています。

わきがの手術をする際は、腋を切開してこのアポクリン汗腺を除去するわけですね。

臭いの元となる成分を含んだ汗がアポクリン汗腺から分泌され、それが皮膚の表面で雑菌によって分解されると、あのツーンとする独特のワキガ臭になるのです。

もう一度言いますが、皮膚の表面の雑菌によって汗が分解されることによって、ワキガ臭が発生するのです。

ですから私達の2つ目の敵が皮膚表面の雑菌だという事がわかりますね。

わきがの原因となる皮膚表面の雑菌対策がワキガ対策になる!

「アポクリン汗腺から出る汗にはニオイを発生させる成分を含んでいて、それが皮膚表面の雑菌によって分解されてはじめてワキガ臭になる」という事は、です。

ニオイを発生させてしまう皮膚表面の雑菌処理をしっかりと行っていれば、ワキガ臭は抑えることができるという事ですね。

本来、アポクリン汗腺から出る汗自体は臭いを発するものではありません。

ですから、皮膚の表面をこまめに綺麗にしてあげるお手入れが、わきが対策では最も重要になるのです。つまり、腋を清潔に保つということですね。

もちろん、わきが手術によってアポクリン汗腺自体を取り除いてしまうという方法もあるわけですが、わきが手術には様々な大きなリスクを伴いますから、それに関しては別ページで紹介しています。

わきがの原因となる腋の雑菌はウェットティッシュで綺麗に!

どんな強いわきがの人でも、お風呂上りはワキガ臭はしていないはずです。

それは、お風呂に入って石鹸で体を洗うことによって、しっかりと皮膚表面の雑菌が流されるからです。

このことから分かるように、わきが対策をしっかりと行いたいのであれば、常に腋を清潔な状態にしておけばよいのです。

私はいつも朝出かける前は洗面台で腋を石鹸で洗っていました。時間があるのであればシャワーを浴びるのも良いですね。

なかなかそこまでできないという方のために、おすすめのわきが対策方法があります。

それは、ウェットティッシュやボディーペーパーを使ってこまめに腋を拭いてあげることです。これがシンプルにして王道のわきが対策だと言えますね。

回数が多ければ多いほど良いでしょうし、女性であれば時間が空いた時にトイレなどに入ってついでに腋を拭くことくらいはできるでしょう。

おすすめのウェットティッシュのタイプとしては、そこまで刺激が強すぎないボディーペーパーや、100均やコンビニなどでも市販されている普通のウェットティッシュで構いません。

わきがの人は夏場などは頻繁に使うことになりますから、あまり刺激の強いものは皮膚に良くないのでオススメできません。刺激が強くて殺菌効果のありすぎるボディーペーパーは、皮膚にとって良い菌まで殺してしまうことになるのです。

ウェットティッシュや低刺激のボディーペーパーでこまめに腋を除菌し、汗をしっかりと拭きとった後でクリームタイプのデオドラントを塗ることで、ワキガ対策効果を倍増させることができます。

この際、間違ってもスプレータイプの制汗剤を使用しないことですね。

スプレータイプの制汗剤は肌に吹き付けているだけなのでしっかりと消臭成分が皮膚に浸透しないですし、長時間の効果が期待できないからです。

他には、スプレータイプの制汗剤は肌の黒ずみや色素沈着の原因になってしまうというデメリットもあります。

まあ、わきがの人であれば、スプレータイプの制汗剤が効果がないことは、もう経験上わかっていますよね。

わきが対策で腋毛を抜くことは絶対NG!

「わきがの原因となるのがアポクリン汗腺から出る脇汗と、腋の雑菌なんだったら、腋毛を剃って脇をツルツルにしておけばいいんじゃないの?」

と考える方も多いでしょう。

これは半分正解です。

男性などでは腋毛が多いと脇表面にしっかりとワキガクリームを塗ることができないかもしれませんから、腋毛は少ないか、無いほうがわきが対策としては良いといえます。

ですが、わきがの対策として腋毛は剃っても良いのですが、抜いてはいけないのです。

このページの最初で紹介しているアポクリン汗腺の図をよく見てください。

エクリン汗腺は独立した汗腺ですが、アポクリン汗腺は毛穴に合流していますよね?

腋毛を抜いて処理しようとするとワキガの原因となっているアポクリン汗腺を刺激することになってしまい、ワキガを悪化させることにつながることが多いのです。

見た目的には剃るよりも抜く方が腋がツルツルになるので良いかもしれませんが、下手に自分で腋毛を抜こうとすると逆にアポクリン汗腺を刺激してしまったり、皮膚を破壊してしまうということなのです。

ですから、わきが対策として腋毛の処理をする場合は剃るか、抜く場合はちゃんとした美容クリニックで脱毛してもらうようにしましょう。

コメントを残す