ワキガの手術※子供は何歳からできるのか?

子供ワキガ手術何歳から

お子さんのワキガで頭を悩ませる親御さんも少なくありません。

しかし、まだ成人していない中学生や高校生のお子さんに手術を受けさせるのにはやはり親としては抵抗があるものですよね?

ワキガ手術での切開は、一生子供の体に傷跡として残りますからね。

ですが、このページでも紹介しているように、子供のワキガはいじめの対象になりますし、ワキガがきっかけで不登校やひきこもりになってしまう子供もいるほどです。

不登校にはならなくても、子供ながらに心に大きな傷跡を残し、体臭コンプレックスを抱えてしまうことになるケースは多いでしょう。

ですから、手術はしたくないけども、なんとか子供のワキガを対策してあげて臭わないようにはしてあげたいと親御さんは心配するものです。女の子のお子さんを持つ親御さんならなおさらですね。

子供のワキガ手術は一般的には中学生以上から!

一般的に、ワキガの手術は中学生以上からとしているクリニックが大半です。

もちろん子供の発育度合いによって同じ中学生といっても身長や体重には大きな開きがありますが、一般的に体がまだ小さい小学生では麻酔の使用量も限られてしまうので、両脇を同時に手術できないという前提があります。

また、小学生ではまだ腋毛が生えていない子が大半ですから、ワキガの手術をするといっても、アポクリン汗腺が存在している手術範囲を特定することが難しく、そういた理由でも中学生以上からとしているクリニックが多いのです。

そもそも、小学生のお子さんがワキガ手術をするためにクリニックに来院するようなケースでは、お子さん本人が手術を望んでいるというよりも、親御さんがお子さんのことを心配して、無理やりワキガ手術を受けさせるためにクリニックにお子さんを連れてきているケースがほとんどです。

手術を怖がる子供は、泣いたり暴れたりしてしまうため、正確にアポクリン汗腺を取り除くことが求められるワキガ手術において、手術を100%成功させることは実は大人のワキガ手術以上に難易度が上がってしまうことになるのです。

大人の場合でも、完璧に手術をしたつもりでも、失敗したり、ワキガ臭が再発したり、臭いが悪化するケースの多いワキガ手術ですから、泣いたり暴れたりすると、きっちりとアポクリン汗腺を取りきる事ができずに、子供のワキガ手術は高確率で失敗してしまうことは否めないのです。

しかも、失敗してしまったとしても子供の皮膚に残った手術跡は一生消えることはありません。

お子さんのことを思って親御さんが子供のワキガ手術を検討するのは良いのですが、まだお子さんが小学生や中学生のうちは、リスクのある手術よりも先に、こちらのページで紹介しているような日常のケアをしっかりとしてあげることの方が重要でしょう。

コメントを残す