重度なワキガの人へ、手術のデメリットを教えます。

重度 の ワキガ

ワキガの臭いが強い方、重度のワキガに悩んでいてその臭いを根本から解消したい方は、基本的にはワキガ手術をするしかありません。チチガやスソワキガも同じ理屈です。

ワキガの手術方法はいろいろありますが、それぞれ一長一短を兼ね備えています。どの手術方法も合併症や副作用のリスクが必ずつきまといますから、自分の目的に合った手術方法を慎重に選ぶことが大切です。

そこで現在医療機関で行われている主なワキガの手術方法を紹介します。どの方法が自分の状態に最も適しているかを判断するうえで、是非参考にしてください。

自分に合った手術方法が見つかったら、その後は最良の病院を探して、担当医師の話をよく聞き、これなら手術をしても本当に大丈夫と思えたら、手術を受けてみるといいでしょう。

切除法は最も一般的だが切除範囲に限界がある

ワキガの手術の中昔からポピュラーで一般的に行われていて、唯一健康保険が適用されるいのが切除法です。

切除法は脇毛の生えている部分の皮膚を、長さ約20 cm、 幅5 cmの範囲で大きく切り取ります。これは切開後に皮膚を再度縫い縮めることができるギリギリの範囲で、ワキガの臭いを生み出すアポクリン汗腺などの皮下組織を限界まで根こそぎ切除してしまおうというわけです。

ただ残念ながらこの方法でもワキガの臭いを根本的に削除することはできません。なぜなら皮膚の切開が可能な範囲よりも脇毛の生えている範囲の方が広いため、切除法で切開した部分に関しては問題となるアポクリン汗腺、皮脂腺、エクリン汗腺などの皮下組織はすべて削除できるものの、届かない周辺の範囲に関しては皮下組織が残ってしまうからです。

完全にワキガの臭いを取り除くことは不可能ですが、明らかに手術後の方が臭いは減ります。だから、重度のワキガ対策をしたい方で、とりあえず早く強烈な臭いを抑えたいという方にとっては切除法は効果的な対策方法でしょう。

ただ副作用に関してのリスクも頭に入れておくべきで、手術をしたことによって逆にワキガの臭いが強くなってしまうケースも少なくありません。

切除法のデメリットとしては皮膚を大きく切開するため、大きな傷跡が脇に残ることです。それに加えて、手術時に無理に皮膚を縫うことから、脇につっぱり感が出たり腕にむむくみが出ることがあるという点でしょう。

もう一つ、切除法の後は長い安静期間が必要になります。手術後2~3週間は入院をしなくてはいけませんし、腕を上げたまま過ごさなくてはいけませんから、日常生活を送るのはしばらくの間困難になります。

完全にワキガの臭いが消えるなら良いですが、切除法のワキガ手術では完全に消えるわけではないですし、臭いが再発するリスク、または臭いが重症化するリスクもあります。それらを踏まえた上で、切除法をする場合は慎重に考えなければいけません。

剪除法は医師の腕前がかなり求められる

もう1つの一般的なワキガの手術方法が剪除法です。

腋の下の皮膚のしわにそって5cmくらいの切開を2~3か所入れる方法で、切開した皮膚を指で裏返して、その裏側の組織をはさみで少しづつ切り取っていくというものです。

最初は皮下組織の部分を切り取って、あとは真皮層を半分になるところまで切り取ることができれば、ワキガの原因となるアポクリン汗腺、皮脂腺、エクリン汗腺を完全に取り除くことができるので成功です。

しかし、真皮層を半分になるところまで切り取るという行為には高度な医療技術が必要なのです。少しでも組織の一部を切り残すと手術後にワキガが再発するリスクが高まります。

また、皮膚を薄く切りすぎる事によって腋の皮膚に色素沈着ができてしまったり、最悪の場合は皮膚が壊死してしまうケースもあるのです。

ですから、手術をする意識の中には上記のような合併症のリスクを恐れて、わざと皮膚を厚く残した状態で切開する者もいるようで、こうなればワキガは高確率で治らないことになるわけですね。

合併症を起こして患者からの苦情がくるよりも、ワキガの手術が再発したりした方がまがマシということで、さらには医師の中には2時間にも及ぶ剪除法の手術を煩わしく思い、わざと雑に1時間などで済ませてしまう事もあるそうです。当然この治療法ではワキガの完治も不可能です。

つまり剪除法はワキガの重度な臭いを根本治療できる方法ではあるのですが、医師の高度な技術が必要とされる上に、信頼できる医師でないとおすすめできないというデメリットがあるでしょう。

重度のワキガもまずはデオドラント対策から

このように、ワキガの手術方法にはいずれの場合も必ずリスクが伴うのです。

だからこそなおさら、重度のワキガであってもデオドラントクリームを使った一般的な臭い対策方法を実践すべきですし、それらの方法での臭いケアを徹底しても、臭い対策に何の効果もないような場合にはじめて手術を検討すべきなのです。

重度のワキガでもしっかりとしたこまめなケアを行えば、かなりの範囲でワキガのニオイは抑えることができます。チチガも、スソワキガも同じです。

重度のワキガにも効果があると評判のラポマインなどをまずは試してみると良いでしょう。

手術をしなくてもワキガ臭は抑えることが出来ます!
クリアネオ

コメントを残す